12
 生まれた子との親子関係を否定する「嫡出否認」の権利を夫にだけ認めた民法の規定は、法の下の平等を定めた憲法に違反するとして、神戸市内の女性らが国に計220万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は30日、訴えを退けた1審・神戸地裁判決を支持し、女性側の控訴を棄却した。江口とし子裁判長は「一応の合理性がある」として、規定を合憲と判断した。女性側は上告する方針。  女性の代理人によると、嫡出否認の違憲性を主要な争点にした初の訴訟。民法には婚姻中に妊娠した子は夫の子と推定する嫡出推定の規定があるが、妻や子には否認権がない。夫の子とされるのを避けるために出生届を出さないなど、子どもが無戸籍になる一因となっている。 以下略(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。




・本当かよ?


・わあ!18世紀だね。


・真面目な話、日本は大事なことをしっかりとやるべきだ。
DNAテストは?


・私はいいと思う。


・これは狂っているよ。


・女性の権利をもっと提唱する者としては、こういうニュースで私の中の日本のイメージが歪んでしまう。


・ぷふふ、日本限定だね。


・DNA検査はどうでもいいってことなのかな?


・大阪高裁の上の人間たちは、どうやら何かしらの問題を抱えているらしいな。


・我々の国では親子鑑定がある。


・DNAテストしたらいいだろ。愚かな奴らだ。


・おいおい、日本よ...頼むぜ。


・引いてしまうし、とてもガッカリした。





・日本は「親子鑑定」というものを聞いたことがないからかな?


・よくやったぞ、日本!
中世にまた一歩後戻りしたね!
あと少しだ。
もうすぐそこだよ。


・↑それは少し大げさだろ。


・いいね。
誰が父親なのか知っているのは母親だけだからね。


・つまり女性は二流市民ということなんだね...。


・自分の子ではない子供に養育費を払わないといけない西洋諸国ほど酷くない。


・↑何?


・↑一体どこの国のことだ?


・DNAよりも父親の方が正確だ!(笑)


・つまりいまだに中世なんだね。


・時々、日本は本当に滅茶苦茶だ。
彼らは素晴らしい人たちなのに、理解するのが難しいよ。


https://goo.gl/1JTLTa


follow us in feedly