f
 9日午後1時55分ごろ、走行中の東京発博多行き山陽新幹線のぞみ19号(16両編成)で、果物ナイフのような刃物を持った外国人の男性観光客がいるのが見つかり、北九州市の小倉駅に停車した。通報を受け駆け付けた福岡県警小倉北署員が降車させ、任意同行した。乗客にけがはなかった。以下略(産経ニュース)
海外の反応をまとめました。




・ナイフだって?(笑)


・どうやってナイフを見つけたの?


・愚か者は愚かなことをする。


・国籍はどこ?


・ナイフはどれくらい大きかったんだ?


・どうやって「ナイフを持ち歩いている男」を発見したの?


・ナイフが合法的な制限内だったか知りたい。
それとその乗客はどのような格好をしていたんだ?
ナイフを持ち歩くための正当な理由はあったのか?


・たぶん爪切りだろうな。


・鼻毛カッターを持ち込んでもいい?





・もしも彼がナイフを買った帰りだったとしたら?
彼は何も悪いことをしていないだろ?


・料理の鉄人が近ごろの日本を旅するのは大変だね?


・ナイフを所持していた男は、明らかに常識が欠けていた。


・私はハイキング、スキューバダイビングに行くし、地震の備えの為にたいていの場合、ナイフを所持持しているよ。


・ナイフは梱包されているべきで、持ち主の手にあるべきではない。
この間の事件以来、新しい安全規則が施行されている。


・奇妙な話だ。
誰か詳細な情報教えてくれ。


・ここでの真の疑問は、ナイフを所持して新幹線に乗車して逮捕されていない者の数だ。
護身のためと思い込んで、ナイフを持ち歩いている偏執病の変人が日本にはたくさんいる。


https://goo.gl/uyMt7S,https://goo.gl/ABXASF


follow us in feedly