f
日本の大坂なおみ選手(20)との全米オープン女子シングルス決勝戦にて、審判に怒りを露わにしたアメリカのセリーナ・ウィリアムズ選手(36)。そんな渦中のセリーナを多くのセレブが擁護していることが分かった。(Techinsight)以下全文を読む
海外の反応をまとめました。





・負け犬が負け犬を産み出す。


・ハリウッドは口を出すなよ。
彼女は敗者だ。
それを彼女は受け入れることが出来ない。


・セレブたち?
テニスのファンたちは?


・セリーナがナイキを身につけているからだろうか?


・どうしてセレブたちは過去の高潔な人物たちとして扱われるの?


・彼女は間違っていた。以上だ。
受け入れろ。


・いまだにこの件を語っているのか?
前へ進めよ。


・ハリウッドは日本人女性に対して人種差別的だ。


・他の大会でもこんなデタラメがまかり通るんだろうな。





・テニスのルールはテニスの組織によって書かれる。
「セレブ」たちによって書かれるわけではない。


・民主党員「被害者になれるのに、どうしてルールに従う必要が?」


・驚きはない。
こいつらセレブたちは甘やかされた駄々っ子たちだ。


・どうしてハリウッドが絡んでくるの?
いつからスポーツと関連するようになったの?


・性差別の議論が本当の問題から目をそらさせている。
つまりセリーナの態度だ。


・セレブたちは審判ではないし、スポーツはスポーツだ。


・セレブなんて何の意味もない。


・セレブたちは何でも知っているからね!


https://goo.gl/jwpFTF,https://goo.gl/i878xj


follow us in feedly