f
大坂なおみは、アディダスと女性アスリートとして最高金額となるスポンサー契約を結んだと伝えられた。 20歳の大坂は9月8日(現地時間)、ニューヨークのアーサー・アッシュ・スタジアムで行われた全米オープンテニスの決勝戦で、過去23回のグランドスラム優勝を誇るセリーナ・セリーナ・ウィリアムズを6-2、6-4のストレートで破り、初優勝。グランドスラム初制覇を飾るとともに、優勝賞金380万ドル(約4億2000万円)を手にした。 だが、アディダスとの新しいスポンサー契約には、この優勝賞金もかすんでしまうとタイムズは伝えた。 大坂は今年いっぱいまで、「6桁(数十万ドル)」の契約をアディダスと結んでいるとされる。 タイムズは、年間約850万ドル(約9億5000万円)の契約が9月13日(現地時間)に発表されると伝えた。以下略(Business Insider)
海外の反応をまとめました。




・20歳にとってはかなり良い副業だな。


・↑ほとんどの大学生がナイキとの契約で稼ぐ契約よりも多額だ。


・↑若くて、才能があって、成功した、マイノリティの女性だ。
ほぼすべての基準を満たしている。


・↑そしてセリーナ・ウィリアムズを倒した。


・↑え?そうなの?(皮肉)


・彼女にとって素晴らしい!彼女はこの契約に値する。


・う~ん、彼女のことを全く気の毒に思わなくなった。


・これは狂っている。
20歳で年に850万ドル稼ぐことを想像してみてくれ。


・彼女はセリーナよりも良いお手本だ。
私はセリーナのスポンサーの商品は絶対に買わない。





・ナイキがスポンサーを務める選手を倒すと、本当に報われる。


・しかも彼女は審判を怒鳴りつけなくてもこの契約を手にした。


・セリーナはこの件を耳にして快く思わないだろう。


・彼女は素晴らしい選択だが、ナイキがセリーナの審判への反応を支持した後だと、とても政治的なものを感じる。


・セリーナ・ウィリアムズ「これは性差別」


・彼女は良さそうな女の子だ。
彼女の成功を祈る。


・そしてナイキとアディダスの溝がさらに深まった。


・まだメジャーな大会で1度しか買っていない世界ランク7位の選手にとってはかなりの額だ。


・アディダスによるアンチセリーナのキャンペーンを予想してみる。


https://goo.gl/ZK9SSs


follow us in feedly