i
【9月13日 AFP】全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2018)の女子シングルスを制した大坂なおみ(Naomi Osaka)が13日、帰国後の記者会見に臨み、同決勝で主審に激怒し騒動を起こしたことで、歴史的快挙に水を差したセレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)を批判するつもりはないと語った。  8日に米ニューヨークで行われた全米オープン決勝で自身のアイドルであるセレーナを6-2、6-4で破り、日本選手として史上初となる四大大会(グランドスラム)優勝を果たした大坂は、その後涙を流して多くの人の心をとろけさせた。  元女子テニスの伊達公子(Kimiko Date)氏はAFPに対し、大坂が涙を流し、栄光の瞬間を享受できなかったことに「胸が痛んだ」と語っていた。  セレーナは決勝でコーチングを受けたとして警告を受けると、怒りを爆発させて主審を「盗人」呼ばわりし、最終的にはゲーム・ペナルティーを受けてた。しかし、大坂はそのセレーナを悪く思うことはないと明かした。 「どんなふうに感じるかも分かっていなかったから、悲しいとは思っていない。他のグランドスラムで決勝に上がったこともなかったので、悲しい気持ちすらも考えなかった」 以下略
海外の反応をまとめました。




・私も悲しくないよ!


・良い子だ!


・とても謙虚な女の子だね!素晴らしい!


・彼女の言う通りだよ。
一方が勝ち、一方が負けた。
ただそれだけのことだ。


・日本の教育だろうな。
真の勝者だ。


・彼女の人間らしさと「論争」への温かい接し方に感銘を受けた。


・気品のある人物が勝ったことをただ嬉しく思う。


・大坂はルールに従って勝った!
ウィリアムズに関するニュースはもう十分だ。


・そのままの素晴らしい態度を持ち続けてくれ。
不満をいう連中ばかりがいる世の中で、君の存在は新鮮だ。





・彼女はただ勝っただけでなく、セリーナを圧倒した。
素晴らしい試合だった。


・大坂は一流の人物だ。
彼女の対戦相手が彼女から学ぶことを祈る。


・セリーナは彼女に謝罪する必要がある。


・わあ!本当の勝者に注目するのに一週間もかかってしまったか。


・どうしてこれがいまだにニュースなの?


・この件についてよくも語れたね。
セリーナ中心にすべての物事が動いているというのに。


・セリーナのことは忘れてくれ、勝ったのは君だ。


・まぁ、優勝したのは彼女だからな...。


https://goo.gl/v6gyLp,https://goo.gl/VEiK3k,https://goo.gl/ZebC2r


follow us in feedly