11
[9月21日 AFP] 世界柔道選手権(World Judo Championships 2018)は20日、アゼルバイジャンのバクーで開幕し、女子48キロ級では17歳のダリア・ビロディド(Daria Bilodid、ウクライナ)が優勝し、史上最年少の世界女王となった。  ビロディドは決勝で、昨年大会で同級を制した渡名喜風南(Funa Tonaki)から一本勝ちを収め、17歳345日という年齢で優勝を果たした。  これまで最年少記録を持っていたのは7度の大会制覇を誇る谷亮子(Ryoko Tani)氏で、1993年の初優勝時は18歳27日という若さだった。以下略
海外の反応をまとめました。



動画


画像
2

View this post on Instagram

💁🏼

DARIA BILODIDさん(@dariabilodid7)がシェアした投稿 -




・おお!ウクライナに栄光をもたらした!


・彼女の成熟さと執念に感心した。
あの年齢で身につけているのが凄い。


・山本Kidの姉、美憂がレスリングの世界王者になったのと同じ年齢だ。
昨日、読んで知った。


・彼女は相手よりもかなり大きいけどな。


・どうしてこれが公平なの?
柔道には体重別の階級がないの?
相手のサイズの3倍はあるぞ。


・素晴らしい偉業だが、疑問が1つある。
どうして彼女は48kgしかないんだ?
176㎝あるんだぞ。


・↑足が長いんだよ。
View this post on Instagram

Sunday should come with a pause button.

DARIA BILODIDさん(@dariabilodid7)がシェアした投稿 -




・↑興味深い。
背の高い人にはたくさん会ってきたが、これほど体重が軽い人にあったことがない。


・↑ファッションモデルなら普通の体重と身長だよ。





・ビロディドってなんだか血圧を下げる薬の名前みたいだ。


・東欧人が柔道を席巻するのは時間の問題だ。


・↑フルタイムで柔道をしても、生活できるくらい金をもらえるからだよ。
世界のほとんどの場所ではそうはいかない。
ロシアが毎年レスリングで圧勝するのと同じ理由だ。


・↑は?(笑)
日本がいつも柔道を席巻しているのだが。


・↑軽量級はね。


・彼女はまだまだこれからだ。


・彼女は完璧なモデルだ。


・ウクライナのスターだ!おめでとう!
君のことを誇りに思う!


・ウクライナの谷亮子!


https://goo.gl/1HtDsG,https://goo.gl/oGfASf,https://goo.gl/9JFDTZ,https://goo.gl/xDjZqk

柔道女子日本代表が練習後に全員で道場を掃除する写真(海外の反応)

follow us in feedly