111
インドネシア・ジャカルタ(CNN) インドネシア外務省は25日までに、49日間にわたって太平洋上を漂流していた19歳の男性が救助され、日本で手当てを受けて無事帰国したと発表した。 救助されたのはアルディ・ノフェル・アディランさん(19)。北スラウェシ州マナドの沖合125キロの海上に浮かべた「ロンポン」と呼ばれる漁獲用の筏(いかだ)で、照明管理の仕事をしていた。ロンポンは浮き具の上に小さな小屋を乗せたような装置で、海底のコンクリートブロックにロープで結ばれている。魚を集めるために、夜になると発電機を使って照明を灯(とも)すのがアディランさんの仕事だった。 ジャカルタ・ポスト紙によると、アディランさんはロンポンに半年間滞在するという条件で採用され、別の担当者が食料と水と燃料を週に1回届けて魚を回収していた。 ところが今年7月、悪天候のために係留用のロープが切れ、ロンポンが沖合へ流された。そのまま太平洋を漂流してはるばるグアム島近くまで流され、パナマ船籍の船によって8月31日に発見されたという。以下略
海外の反応をまとめました。



動画



・神のおかげだ!
私に想像もできない。


・彼が救出されたと聞いて良かった。
素晴らしい物語だ。


・マグロを食べて生き延びたのか?


・現実板キャストアウェイ。


・ウィルソン?ウィルソンはどこ?


・彼もウィルソンを失ってしまったのか?


・「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」を思い出す。


・彼は主人公にも似ている。


・トラも彼と一緒にいたの?


・わあ!49日間...これは凄い。





・彼を救出したのはフィリピンの漁師たちだ。


・彼は毎晩悪夢を見ていただろうね。
私には想像できないよ。


・これは良いニュースだね。


・とても勇気のある若者だ。


・彼は塩水を飲んで生き延びたの?


・↑いいや、雨が降った時に雨水を集めたらしい。


・彼は一体何を食べていたの?


・↑海には何がある?
魚だらけだろ!


・なんという奇跡だ。
神のご加護に感謝しよう。


https://goo.gl/3ZMpTJ,https://goo.gl/EaFAvo,https://goo.gl/zHxwxu


follow us in feedly