d
 日本代表が南アフリカ相手に“世紀の大番狂わせ”を起こしたのは2015年のラグビーW杯イングランド大会。あの興奮が劇映画でよみがえる。オーストラリア人のエディー・ジョーンズ氏(58)がヘッドコーチに就任してから奇跡の勝利に至るまでの3年間を描くもので、日本で開催される来年9月のW杯開幕に合わせ、全世界で公開の予定だ。 以下略(スポーツニッポン)
海外の反応をまとめました。




・誰か私は抱きしめて。


・↑南アフリカは3位になった。
恥じることは何もない。


・↑だから何だ?
たとえ優勝していたとしても、あの敗戦は永遠に我々につきまとう。


・いまだに去年のことのように憶えているよ。
日本が南アフリカを撃破する様は信じられなかった。
それとこの男、五郎丸歩を誰が忘れることが出来る?
1q


・でも、日本はグループステージを突破することをすら出来なかった...。


・日本人と南アフリカ人の酷い訛りを耳にするのが待ち遠しいよ。
追記:それとエディーのオーストラリア訛り


・アンディ・サーキスがエディー・ジョーンズを演じるのか?


・↑その役はスカーレット・ヨハーソンに与えられると確信している。


・↑彼の役を演じるのは、テムエラ・モリソンだよ。


・コメディ?それとも悲劇的な映画になるの?





・つまり逆インビクタス。
『インビクタス/負けざる者たち』は、2009年のアメリカ映画である。 「invictus」とは、ラテン語で「征服されない」「屈服しない」を意味する語。同様に、ラテン語のフレーズ「morior invictus」は、「死ぬまで屈服しない」を意味する。 ウィキペディア

・↑もっとマシなラグビーのシーンがあることを祈る。


・↑それともっとマシなエンディングを祈る。


・↑あの映画の中のハカは、本当に酷かった。
本当にクールなものになっていたかもしれないのに。


・↑公平なことを言うとすれば、90年代後半までハカは触れていはいけないものだった。


・↑それにジョナ・ロムー役の男。
彼とは似ても似つかなかった。


・↑モーガン・フリーマンが出る映画を作るな。


・一体誰がマット・デーモン役を演じるのだろう?


・歴史が作られた時、私はその場にいた!


https://goo.gl/ZfDaKb,https://goo.gl/WHFL1x


follow us in feedly