q
いつの世でも恥ずかしいのが「おなら」。笑った瞬間に力が抜けてプッと出てしまった!なんて経験、一度はあるでしょう。 江戸時代の屁負比丘尼(へおいびくに)の仕事は「おなら」で、お姫様がおならをしてしまったときに「私がしました!」と身代わりになる、なんとも優雅な仕事が存在しました。以下略(マイナビ学生の窓口)
海外の反応をまとめました。





動画



・私は同じ部屋にいる人のせいにしたい。


・私は自分の子供のせいにしている。


・私にも何人かこういう人間が必要だ。


・議会にはこの役職の人間が100人必要だ。


・同じ理由で介助犬を飼いたいとずっと思っていたよ。


・是非、その仕事がしたい。
どうせ私はいつもオナラをしているから。


・一発あたりいくら貰えるの?


・私は彼女の為に現代の屁負比丘尼をしている。


・でも、そういう役職があると皆が知っているのなら、意味がないのでは?





・電子タバコに切り替える前は、私はオナラを誤魔化すためにタバコを吸っていた。


・日本には、どんなことに対しても名前があるんだな。


・うちの犬がタダでそれをやってくれている。


・私は今日、うちの犬が屁負比丘尼でることを初めて学んだ。


・私は今日、日本の貴族女性たちは犬を飼っていなかったことを初めて学んだ。


・私は今日、妻が日本の貴族女性であることを初めて学んだ。


・何故なんだ?
私はオナラをすることに誇りを持っている。


・彼氏がオナラをするたびに私は笑う。
自分がオナラをするたびに私は笑う。
オナラって面白いものなのよ、みんな。


・もしも屁負比丘尼がオナラをたくさんしたら?


https://goo.gl/EfUWRG


follow us in feedly