t
 温室効果ガスの巨大発生源となる石炭火力発電所。じつは日本国内で石炭火力発電所の建設ラッシュが起きています。早急に歯止めをかけるべきだと訴える環境NGO「気候ネットワーク」の東京事務所長・桃井貴子さんにその問題点を聞きました。以下全文を読む(朝日新聞)
海外の反応をまとめました。




・どうして日本が石炭を使い続けるのか理解できない。
日本に石炭が埋蔵されているわけではない。
すべての石炭が輸入されている。


・↑福島第一原発の災害のせいだろ。
日本は2040年までにすべての原発を段階的に廃止する予定だが、それこそ本物の災害だ。


・↑ほんとコレ。
太陽光や火力は日本にとって実用的ではない。
原子力発電を廃止にしたら、石炭しか選択肢はないだろう。


・↑石炭ではなく、太陽光が取って代わる。
太陽光発電は既に安い。
これからの十年でさらにコストが下がるだろう。


・公平なことを言うとすれば、津波の後に多くの日本人が原発にNoを突き付けたのだろう。


・だって原子力発電が上手くいかなかったからだろ。


・↑ちょっとしたアレルギーにすぎない。
我慢すればいいのに。


・津波と大地震の結果、石炭火力発電が生まれたわけではない。





・彼らはバイオ炭を使う必要がある。


・どうしてガスタービンにしないんだ?


・ふざけるな日本人!


・電力供給で鯨油を使うために彼らはクジラを獲っていると思ったのに。


・彼らは福島の後、パニックになって恐怖からほとんどの原発を止めてしまったからな。


・この星はもうおしまいだな。(笑)
年を取ることを嬉しく思う。
願わくば、酷いことになるまえに逝ってしまいたい。


・↑同意だ。


・↑1,2年だけなら、どんな酷いことになるか見てみたい気もする。


https://goo.gl/WDLwMG,https://goo.gl/kWWPjw


follow us in feedly