g
11日の東京株式市場は、世界的な株安の流れを受けて売り注文が膨らみ、日経平均株価は一時、1000円以上急落しました。終値でも900円余りの値下がりとなり、ことしに入り3番目の下落幅となりました。 11日の東京株式市場は、アメリカでの株価の急落の影響で午前の取り引き開始から全面安となりました。 さらに、中国・上海市場で、株価指数が取り引き時間中のことしの最安値をつけるなど、アジア各地に株安が飛び火すると、日経平均株価も一段と下げ幅を拡大し、一時、1000円を超える値下がりになりました。 その後、買い戻しの動きもありましたが、日経平均株価の11日の終値は、10日より915円18銭安い2万2590円86銭で、ことしに入り3番目の下落幅となりました。以下略(NHK)
海外の反応をまとめました。




・何故かって?
レイシストのトランプに尋ねてごらん。
彼はアジア人を総じて嫌っているからな。


・ありがとう、トランプ!


・トランプはこれも自分の手柄にしてしまうの?


・ヒラリーの責任であることをみんな知らないの?


・↑我々はオバマを責めていると思っていたが?


・マスコミが出した気候変動のニュースのせいだな。


・お金をくれれば、私が説明してあげる。


・株価が下がる時は、いつだって誰かのせいだ。





・たぶんドミノ効果だな!


・韓国でも株価が急落したよ。


・今年の市場がもしもこんな風に終えることがあったら、私は驚くだろう。


・明日には値を戻すよ。
いつだって戻る。


・上がって、下がる。
株ってのはそういうものだ。


・調整が入ったんだよ。


・みんな調整が入ることをずっと望んでいた。
これが始まりではないことを祈ろう。


・住宅市場が崩壊するのが待ち遠しいぜ!


https://goo.gl/fEaA1B,https://goo.gl/n1Ae4J,https://goo.gl/UKNHCa


follow us in feedly