u
 シンクタンク「言論NPO」と「中国国際出版集団」は11日、今年の日中共同世論調査の結果を発表した。中国人の日本に対する印象で「良い」(「どちらかといえば」を含む、以下同じ)との回答は42.2%(前年比10.7ポイント増)と2005年の調査開始以来初めて4割を超えた。中国側の対日イメージの改善がさらに進む一方、日本側では依然厳しい対中イメージが主流を占めており日中間の温度差が浮き彫りになった。 以下略(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。




・まぁ、彼らは日本に良い印象を持つべきだよ!
あらゆる面で日本は自国よりも感心する国だからね!


・↑南京事件の後、私の叔父を含む多くの中国人が日本を憎んでいる。


・↑正直、実際はほとんどの人たちがそういうのを気にしていない。
どの国も過去に戦争犯罪を犯した。


・↑分かるよ。
個人的には日本について何も思っていない。
でも私の家族の上の世代の人たちは、そうではない。


・日本人が自分たちの残虐行為を認めさえしないことが不快だ。


・数字がそこまで高いことに驚いたよ!
この話題についてほとんど知らない私のようなアメリカ人でさえ、多くの東アジア諸国はお互いの国を嫌っている印象を持っているからね。
特に日本と中国は。
良い印象を持っているのは、すべて若い世代だと思う?


・↑大都市にいるガキどもだけだろ。


・↑中流の中国人にとっては、日本が人気のある旅行先だ。
日本に良い印象を持って帰国するだろうね。





・まあ、でも50~60%の人たちは...。


・中国に対して良い印象を持つ日本人の割合よりもずっと高いね。


・↑それが悲しい点だ。


・この印象は相互ではないだろうな...。


・↑君が日本のドラッグストアだったら別だろう。


・ということは7億から8億人の中国人は、日本を快く思っていない。
アメリカの人口の倍だ。


・↑君は結論に飛びついて、誤った推測をしている。
40%は「どちらでもない」で、20%が「嫌い」かもしれないだろ。


・↑日本のことが嫌いな人がまだたくさんいると言いたいだけだよ。
20%でも2億7000万人だよ。
彼らが国を形成したら、世界4位の人口を持つ国になる。


・他の60%は、日本を完全に破壊したいと思っている。(笑)


https://goo.gl/4dPz1J


follow us in feedly