9
1942年6月4日、ミッドウェー海戦でB17の爆撃を回避する日本の空母「飛龍」

海外の反応をまとめました。




・船を旋回させろ!


・B17?へー、知らなかった。


・↑ああ、ミッドウェーで作戦行動をしていた。


・↑かなり非効率だったけどね。
私の記憶が確かなら、あの戦いの最中に一度も爆撃に成功しなかった。
まぁ、B17は8機しかいなかったけどね。


・あの空母はかなりの急転換をしている。
ああいう操縦をしている時は、航空機の離発着が出来ないと思わざるを得ない。
だから少しは効果があったのだろう。


・↑確かにそうかもしれないが、爆撃なんて5分程度しか続かないだろ?


・まぁ、B17は動かない標的に対して使われるものだったからな。


・動いている標的に対する水平爆撃は、馬鹿馬鹿しいほど難しい。





・情報をありがとう。
大きさを見る限り、爆撃が降り注いでいるように見える。


・胸が温かくなるよ。
日本人はもっと頻繁に信号をかえるべきだったな。


・あれは船跡波?
それとも煙が出ていたの?


・↑大きな白い帯状のものは、飛龍の船跡波だよ。
右方向にある白い帯状のものは煙ではないが、排気だ。


・これは狂っていると思う。


・私はこの戦いに魅了される。
「剣砕けたり」という本は、日本側の視点に立って、この戦いを詳細に描いている。


https://goo.gl/xTc524


follow us in feedly