1
朝食を抜くと、肝臓での脂質代謝や体温に関する体内時計が乱れ、エネルギーの消費が減って太ることを、名古屋大の小田裕昭准教授(時間栄養学)らの研究チームが解明し、31日付の米科学誌に発表した。 朝食を抜くと肥満やメタボリック症候群、糖尿病などになりやすいことが知られているが、その仕組みは分かっていなかった。小田准教授は「朝食は体内時計にとって最も重要な食事。朝食を勧める科学的根拠が示せた」と話している。以下略(共同)
海外の反応をまとめました。




・古いニュースだね。


・これはずっと前から言われていることだね。


・日本の研究者は別に必要ない。
朝食が最も重要なことを皆が知っている。


・私の経験とは異なるけど。
でも私の個人的な経験は科学ではないからね。


・私の場合は、昼間でお腹が空かない。
朝食を食べると太ると聞いたことがあるけど。


・↑それはたぶん君が研究で使われたネズミとは異なるからだろうね。


・これは短期間の研究だな。貧相な科学だ。


・これは馬鹿げているな。
断続的な断食について聞いたことがないの?
痩せるぞ。





・断続的な断食について調べてみた方がいいぞ。
それと高校レベルの研究を行う前に最初に調べろよ。


・これは全く意味が分からない。(笑)


・相撲取りは朝食を食べないけど。


・個人的には食事は体重増加に繋がると感じている。


・↑これは事実だ。
だから私は家族で一番痩せている。


・断続的な断食は体重を減らす手助けになるだけでなく、2型糖尿病の予防になると聞いたけど。


・一方、別の研究では朝食を抜くことで蓄えられた脂肪を消費してくれるとしている。


・私は10年間朝食を抜いているけれど、体重は増えていないよ。


https://goo.gl/LCGCpP,https://goo.gl/XZT8z6


follow us in feedly