1
昔からメンズ服を見るのが好きで、中高校生の頃は宝島社のメンズファッション誌『smart(スマート)』を定期的に購入していたわたし。 現在でもメンズ服のデザインをよくチェックしているのですが、今いちばんの “推し服” は、日本の服飾ブランド「TROVE(トローヴ)」が展開している別ライン「和ROBE(ワローブ)」なんです。 2014年に誕生した「和ROBE」は、頭に和服の “和” の字が付いているとおり、和テイスト。 昔から普段着として親しまれた浴衣をより身近な物として生活に取り入れることを提案していて、 “どてら型ブルゾン” に “襦袢襟仕立てのニットソー” など、和服を洋服に落とし込んでいるところがと最高にカッコいいんですよ~~~!以下略(Pouch)
海外の反応をまとめました。



画像




・これぞ本物のファッションだ。


・良いけど、我が国のホームレスみたいな格好だ。


・これでスリッパを履きながら、サムライになれるね。


・刀はどこ?


・刀は含まれていないの?


・私なら甲冑と兜を着用して自宅周辺を歩き回るよ。


・これはレイシストだ。


・オーマイガー!文化の盗用が過ぎるのでは?


・私は着るぞ。


・↑日本人でないのなら、この服を着ることは許されない。





・この冬、君たちはこんな格好をするのか?


・私は躊躇していることを認めざるを得ない。


・バスローブみたいだな。


・普段使いとしては少しバカバカしいけれど、写真での着こなし方はいいね。


・バカバカしいヒップスターっぽい服だね。


・これで我が家でくつろげる。


・私はこのファッションを認めるぞ。


・我々は日本に行く前にこのファッションをするべきだ。


・文化の盗用と叫ばれたいのなら、着るといい。


https://goo.gl/HZm5NN,https://goo.gl/ujYfr5


follow us in feedly