98
一極集中で人口が増え続ける東京都だが、西多摩地域は例外だ。都によると二〇〇五年に人口減少が始まった。中でも高齢化率が高い奥多摩町は、歯止めにあの手この手。この三年余りで、人口約五千二百人の5%近い約二百四十人の新規定住につなげたユニークな住宅支援策が注目されている。以下略(東京新聞)
海外の反応をまとめました。




・奥多摩って素敵だよね!


・私も仲間に入れてくれ!


・私は今、日本にいるのだが、誰と連絡を取れば良いのだ?


・そこに行こう。タダで家がもらえる。ハハハ。


・決めたぞ。私はそこに引っ越す。


・どうやったらこの制度を利用できるの?
是非移住したい。


・私も行きたいけれど、そんなに若くないんだよな。ハハハ。


・先週末、奥多摩に私はいた。
あれが東京であることにかなり驚いた。


・日本は移民に門戸を開放するのではなく、赤ちゃんを作り始める必要があるよ。
君たちの素晴らしい伝統と文化は、移民に門戸を開くとすぐに薄まってしまうよ。





・私も移住することに興味がある。
もちろん最初に訪問してみるけど。
でも私は日本人ではない。
この制度は日本人に向けたものなんだろうね。
日本政府は「外国人は歓迎しない」アプローチをとっている。


・サイクリングに素晴らしい場所だ!


・私はそこに引っ越しても構わないぞ。


・あそこに移住しようと応募し続けている。


・「住居と土地を提供」というのは、「辺鄙な場所にある崩れかけの廃屋を提供」ということなんだろうな。
雪が降って、道路が閉鎖されるまでは聞こえは良い。


・↑家に関しては正しいかもしれないが、それでも土地には価値があるだろ。


https://goo.gl/GDKTeh


follow us in feedly