98d
大津市のベンチャー企業の製品で、本人の写真をもとに作ったお面「ザ・リアルフェイス」が、「あまりにも精巧」と国内外で評判になっている。プラスチック樹脂製で厚さ一~二ミリ程度。顔の特徴で個人を特定する「顔認証」システムを開発する企業から注文が相次いでいるほか、サウジアラビアの王族から、肖像画代わりに使いたいと製作依頼を受けたこともある。以下略(中日新聞)
海外の反応をまとめました。




・ミッションインポッシブル!


ミッションインポッシブルの音楽をかける合図


・iPhoneのFace IDで試してみろ。


・どっちが本物なの?


・↑どちらも本物ではない。


・顔認証はもう終わった。
2要素認証に戻ろう。


・これは中国で顔認証ソフトに対抗するホットなアイテムになるだろうな。


・これぞ情報化時代だ。


・サウジの王子があのお面を欲しがったのは何故だろうか。





・う~ん、彼には二面性があるように見える。


・わあ!偽物のお面の方が本物の彼の顔よりもリアルだ。


・これを持っていたら、かなり楽しいだろうな。


・↑あのお面でどれくらい上手に他人に悪戯を仕掛けられるか想像できるか?


・フェイスオフが現実であることを私は知っていた。


・多くの顔認証システムは、「表情を作るか、顔を動かせ」と要求してくるよ。
静止画や写真では上手くいかない。


・解決策は「顔認証を使うな」だ。
もしも使いたいなら、まばたきする必要があるものにしろ。


・うん、自分のお面を注文するよ。


https://goo.gl/1ScvbF,https://goo.gl/XUkCQx


follow us in feedly