edf
ボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー・ジュニア(41=米国)が7日(日本時間8日)、5日に発表された格闘技イベント「RIZIN14」(12月31日、さいたまスーパーアリーナ)でのキックボクサー那須川天心(20)との試合を行わない方針であると発表した。 写真投稿サイトのインスタグラムに長文を寄せ、「対戦には絶対に合意していない」「私、フロイド・メイウェザーは、那須川天心との公式対戦には1度も同意していないことをはっきりさせたい」と主張した。以下略(日刊スポーツ)
海外の反応をまとめました。




・これにはガッカリしたよ。


・そもそも、全く論理的ではなかった。


・いいね。いずれにせよ、馬鹿馬鹿しかった。


・なんだよ。
結局、一週間だけの宣伝かよ。


・どうやら彼はルールに合意できなかったようだな。


・総合格闘技になるはずだったの?
それともただのボクシング?


・もうこういう茶番は十分だろ。


・少なくとも天心は、フロイドが対戦を避けたと言うことが出来る。


・フロイドは天心のハイライトを見たのだろう。(笑)





・つまり夏川にボコボコにされることに彼は気付いたのか?
そして記録にL(負け)がつくから、心変わりしたのか?


・「この試合に負けられないことに気付いた。すまない、みんな」


・↑というよりは、Rizinが純粋なボクシングルールでやりたくなかったのだろう。


・↑それにメイウェザーが自分好みではない戦いをするはずがない。


・どんでん返し:天心は実は変装したマニー・パッキャオ。


・天心が女性の名前ではないことに気付いたのかな?


・50セントの反応が待ちきれない。


・キックを許すルールは受け入れがたい。
驚いたとは言えないよ。


https://goo.gl/JXDNyE,https://goo.gl/Js4E2p


follow us in feedly