y
【ジュネーブ=共同】国連の強制的失踪委員会は十九日、日本に対する審査の最終見解を公表した。旧日本軍の慰安婦問題について、元慰安婦らへの補償は十分とは言えず「最終的かつ不可逆的に解決した」との日本政府の立場に遺憾の意を示した。最終見解に法的拘束力はない。  ジュネーブ国際機関日本政府代表部の担当者は「最終見解は誤解や偏見に基づく一方的なもので極めて遺憾だ」と述べ、国連人権高等弁務官事務所に抗議したことを明らかにした。以下略
海外の反応をまとめました。




・おお、月に一度の慰安婦の話題か。


・国連は黙っていろよ。偽善者どもめ。


・↑国連を解体する時が来たよ。


・↑それで何が取って代わるんだ?


・↑新世界秩序だよ。


・国連には戦時中に慰安婦の7割が亡くなったという嘘を拡散した責任がある。
国連は吉田調書や慰安婦に関する他のでっち上げをまだ撤回していない。


・日本は一体何度韓国に謝罪しないといけないの?





・興味がある人たちの為に。
解放された慰安婦に関する米軍の報告書は存在している。


・↑その報告書は慰安婦を管理する者のインタビューか何かだったと思う。
その者が語ったことがすべて真実かどうかは断言できない。


・50~60年代に日本が韓国の被害者に直接賠償を申し出たのに。
国連は韓国政府の説明責任と透明性に懸念を示すべきだよ。
彼らは金だけ受け取って、他は気にしない。


・↑その通りだ。
戦後賠償は既に終わっている。


・↑ソースは?説明してくれないか?


・↑日韓基本条約。
韓国が日韓交渉中に主張した対日債権(韓国人となった朝鮮人の日本軍人軍属、官吏の未払い給与、恩給、その他接収財産など)に対して日本政府は、「韓国側からの徴用者名簿等の資料提出を条件に個別償還を行う」と提案したが、韓国政府は「個人への補償は韓国政府が行うので日本は韓国政府へ一括して支払って欲しい」とし、現金合計21億ドルと各種現物返還を請求した[要出典]。次の日韓交渉で日本は韓国政府へ一括支払いは承諾したが21億ドルと各種現物返還は拒否し、その後、請求額に関しては韓国が妥協して、日本は「独立祝賀金」と「発展途上国支援」として無償3億ドル、有償2億ドル、民間借款3億ドルの供与及び融資を行った。 ウィキペディア

https://goo.gl/BhvhFo


follow us in feedly