ww
鳥取県は24日、鳥取港で今月7日に水揚げされ、200万円で競り落とされたズワイガニが「競りで落札された最も高額なカニ」としてギネス世界記録に認定されたと発表した。平井伸治知事は都内で開かれたイベントで「見事に認定された。『せカニ記録』です」と得意の駄じゃれで祝った。以下略(共同)
海外の反応をまとめました。





・素晴らしいカニだ。


・美味しそう!


・ダンジネス(アメリカイチョウガニ)が一番だろ。


・ダンジネスが恋しいぜ。


・馬鹿馬鹿しいな。


・↑馬鹿馬鹿しい?浜下哲爾(魚屋を営む落札者)によると、そうではない。
誰かが金を出すのだから価値があるということだ。
浜下はこのカニに200万円の価値があると思った。


・カニに付けられた値段ではなく、カニと県に注目を集めさせるための広告戦略だろ。


・私は鳥取市を訪れたことがあるが、いろいろなカニがいる無料のカニ水族館があった。


・鳥取に行って、カニを食べよう。
地方経済を応援するんだ。





浜下哲爾はとても寛大な人物だ。
彼は明らかに自分の街と魚屋を愛している。
漁師にできる限りの感謝をしたいんだね。


・このカニは乱獲によって、危急種に分類されているぞ。
国際自然保護連合のレッドリストにおける 危急種とは、絶滅の危険性が高いと判断された種のことを指す。IUCNでは、「野生絶滅の高い危険性」がある種を危急種と定義している。危急種は、環境の悪化などちょっとした状況の変化によって、容易に絶滅危惧種にカテゴライズされる恐れがある。 ウィキペディア


・日本のカニに特筆すべき点はない。
でもノーフォークで獲られたカニは...美味しい。


・素晴らしい!ラッキーなカニだね!
食べられることはないだろう。
でも、私が食べることが出来たらなぁ。


・私は甲殻アレルギーを持っている。
だからこのカニは私のことを何も恐れなくていい。


https://goo.gl/ePqmjZ,https://goo.gl/3R8Zh4,https://goo.gl/3NXzWV



follow us in feedly