y
岡山県東北部に位置する岡山県奈義町は69.54平方km、2017年4月現在の人口は6100人の小さな自治体だ。奈義町は2014年に岡山県算出の合計特殊出生率(15~49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもの)が2.81と非常に高くなり、脚光を浴びた。同条件で奈義町独自に行った2016年の出生率は1.85、2017年は2.39と、2014年には及ばないものの、全国平均の1.44(2016年)に対し高水準を保っている。2005年時点では1.41だった奈義町の合計特殊出生率は、なぜここまで高まったのか。以下略(日経BP)
海外の反応をまとめました。



画像




・わあ...これは素晴らしい。


・私の両親は大金持ちになるぞ。


・こうあるべきなんだよ。


・日本に向かう時が来たようだ。


・私は既に荷物をまとめている。


・どうしてそんなことが可能なんだ?


・良い方針だね。私の国も同じことをすることを祈る。


・人口減少は問題ない。
ほとんどの仕事はAIとヒト型ロボットに取って代わられるからね。


・出産の為の金だろ。
子供1人育てるのに、かなりの金が必要だぞ。





・ドイツにいるシリアの難民を受け入れればいいのに。


・こんなの日本人にとっては、はした金だ。
彼らは田舎で子供を産んでいる。
補助金の為でなく、スローライフと生活費が安いから。


・ヒスパニック系は大金持ちになれるね。
うちは大家族だ。


・デンマークでは、3か月ごとに子供一人に600ドル支給されるよ。


・ドイツでは子供一人に毎月200ドル支給される。


・オーストラリアでは一人の出産に5000ドル支払われる。


・ロシアの方が日本よりも子育て支援に金を出していると思う。


・↑ロシアでは子供一人に毎月20~30ドル支払われる。


・これぞ世界に必要なことだ。
もっと人の数を増やせ。


・一人の子供を育てるのに十分な額ではないな。


https://goo.gl/Df7aZu,https://goo.gl/f3cNoj



follow us in feedly