idd
(スレ主)1862年にイギリスの商人、チャールズ・レノックス・リチャードソンは、日本の藩主に近づきすぎた為に命を奪われたことを今日学んだ。
旅の伴たちに彼が最後に残した言葉は、「こういう連中への対処の仕方を私は知っている」だった。

海外の反応をまとめました。



チャールズ・レノックス・リチャードソン(Charles Lennox Richardson, 1833年4月16日 - 1862年9月14日)は、上海のイギリス人商人。父はチャールズ・リチャードソン、母はルイザ・アン・レノックス。生麦事件で殺害された人物である。 ロンドン出身。姉が2人、妹が1人いる。1853年にサザンプレス港から上海へ渡海し、そこで商社を設立して商業に従事していた。 1862年、仕事を引き払ってイギリスへ帰郷する際に、観光のために日本へ入国する。上海で交友のあった横浜商人ウッドソープ・クラークと再会し、クラークやウィリアム・マーシャルの案内で、ボラディル夫人を加えた4人で川崎大師へ向かうことになる。その途中、生麦村で島津久光の行列と遭遇するが、騎乗のまま行列に乗り入れ、激昂した薩摩藩士奈良原喜左衛門に無礼打ちにされる。リチャードソンは重傷を負ったため遁走を図るが、程なく落馬し、追いかけてきた久木村利休・海江田信義に止めをさされる(生麦事件)。イギリス本国はリチャードソン殺害事件に際して、代理公使ジョン・ニールを通じて薩摩藩と江戸幕府に賠償金10万ポンド、犯人の引渡しと陳謝を要求するが、薩摩藩は拒否し、薩英戦争を引き起こすことになる。ウィキペディア
生麦事件(なまむぎじけん)は、江戸時代末期(幕末)の文久2年8月21日(1862年9月14日)に、武蔵国橘樹郡生麦村(現・神奈川県横浜市鶴見区生麦)付近において、薩摩藩主島津茂久(忠義)の父・島津久光の行列に乱入した騎馬のイギリス人たちを、供回りの藩士たちが殺傷(1名死亡、2名重傷)した事件である。 尊王攘夷運動の高まりの中、この事件の処理は大きな政治問題となり、そのもつれから薩英戦争(文久3年7月)が起こった。 事件の石碑は、京急本線生麦駅近くに残っており[注釈 1]、1988年(昭和63年)11月1日に市の地域史跡に登録されている[1]。 ウィキペディア


・>>伝えられるところによると、「私は中国に14年住んでいる。こういう人たちへの対処の仕方を知っている」とリチャードソンは言ったらしい。
↑相手は日本人なのに。


・↑イギリスの伝統だよ。


・↑間に海があるが、彼らはみんな同じに見える。(皮肉)


・中国と日本は歴史的にかなりの文化交流があった。
1800年代の平均的なヨーロッパ人は、どちらの文化のこともほぼ何も知らなかったはずだ。
だから彼の言うことには一理ある。


・↑ああ、日本が中国を急襲し侵入する度に漢字を一文字ずつ持ち帰った。


・そんなに有名な最期の言葉ではないな。


・最期の言葉の前の言葉「私のお茶を持ってて」


・↑きちんとした英国紳士なら、戦争に繋がる国際的な事件を引き起こす前に紅茶を飲み終えるぞ。
誰だって知っていることだ。


・かなり失礼だな。
イギリス文化では、きちんとした挑発なしで相手を切り捨てることは、かなり失礼と見なされる。





・別の言葉で言うと、「みんな、ちょっと見てろって」


・彼は明らかに対処の仕方を知らなかった。


・誰かがこういうことを言う時、必ず対処の仕方を知らないことが後で分かる。


・日本の藩主の次の言葉「こういう人たちってどういう意味?」


・イギリス人は自国にいる外国人が嫌いな人種差別主義者だ。
他国で人種差別主義者の彼らが命が奪われるなんて皮肉だね。


・↑他国で習慣を無視して、彼らのリーダーに対して失礼を働き、命を奪われる。
おそらく人種差別主義者というよりも、「海外にいる典型的な傲慢な白人」だろうな。


https://goo.gl/3g3qmr



follow us in feedly