tt
会社を辞める際に「退職代行」という新たなサービスを利用する人が急増している。空前の人手不足のなか、「ここまで育てたのに何だ」「損が出たら賠償請求する」などと会社側に執拗に引き留められ、悩んでいるケースが多いという。全国の労働局に寄せられる相談でも、「退職」に関するものが増え、これまで多かった「解雇」の相談を上回った。取材を進めると、会社側と若い世代との意識のギャップが、離職に拍車をかけていることも分かってきた。以下略(クローズアップ現代)
海外の反応をまとめました。




・自分できちんと辞められるのに、どうして他人に金を払わないといけないの?


・大人の世界は、そういうものじゃない。


・俺が300ドルで代わりに辞めてやるぞ。


・↑値引きは可能か?


・代わりに俺が電話して辞めてやるよ。
ただし、私は上品ではないからな。


・同じ値段で上司の車に卵をぶつけてやるけど。


・2週間前に知りたかった。


・なんてことだ。もっと早く知りたかった。


・退職ではなく、私の代わりに出勤してくれないか?


・職場に行かなければいいだろ?
仕事を辞めるのに450ドルを無駄にするのか?
辞表を置いて、去ればいいだろ。





・アメリカ人は、こういうサービスに金を払うと思う?


・何故なんだ?
クソみたいな雇い主の元から去る時の醍醐味じゃないか。


・辞める時の満足感が奪われてしまうのに。


・辞める時の上司の顔を見るのが、退職で一番素晴らしいところなのに。


・↑それは酷い仕事だけだろ。
扱いが良くて、人間関係も良い職場を辞める時は、そんなに良い気分ではない。


・いつになったら、男女関係にまでサービスを拡大するの?


・離婚の代行もしてくれる?



https://goo.gl/uJd6JZ,https://goo.gl/EE548T,https://goo.gl/Wg22cB,https://goo.gl/imEHoa


follow us in feedly