tdd
日本の女性たちは、バレンタインデーに職場の男性たちにチョコレートを贈る習慣に反対し始めた。大勢の女性たちは、非難や侮辱を回避するために、プレゼントに数千円を費やしている。11日、ガーディアン紙が報じた。中略 ガーディアン紙によると、多くの日本人女性にとってバレンタインデーの習慣は負担になり始めているという。 現在はバレンタインデーのプレゼントを禁止している企業もある。ある女性職員は、禁止される前は適切な購入費用やプレゼントを贈る相手などについて頭を悩ませていたが、このような強制的な習慣がなくなってよかったと語る。以下略(スプートニク日本)
海外の反応をまとめました。



ツイート





・いいね、馬鹿馬鹿しいからな。


・奇妙な伝統だな。(笑)


・女性の生活って、とても大変だね。


・義理チョコなんてものが本当にあるのか?


・誰がチョコを強要するの?


・第一世界の問題だな。


・これは今まで知らなかった。


・どうやら私の生徒たちは真実を述べていたようだ。


・いたるところにマーケティング戦略が...。
クリスマス=チョコ、キャンディ。
クリスマス=玩具、プレゼント。
感謝祭=七面鳥。





・じゃあ、ホワイトデーは?


・バレンタインが日本で伝統になっていたことを知らなかった。


・今年は我々も日本流で行こう。
私にチョコをくれ。


・誰も何も強要されるべきではない。


・「贈ることを強要される...」だって?
男性の世界にようこそ。


・チョコレートのメーカーにとってバレンタインは特別な日。


・これは良いことだ。
男性社員もホワイトデーに金を費やすことを強要されなくて済む。


・それでも男性たちは、何か貰えることを期待するに違いない。


https://goo.gl/yGFs5f,https://goo.gl/QRJvFq,https://goo.gl/zXMqib,https://goo.gl/riXZdF


follow us in feedly