r
すでに1月終わりから2月上旬にかけてネットニュースなどでも話題になっていた、JR山手線の内回り「最終電車」発車時刻が早まる問題。山手線をご利用のみなさま、覚えていらっしゃいましたでしょうか? 知らないよという方、忘れてた!という方に向けて、この情報をお伝えします。 2019年3月16日夜からの、山手線内回り(渋谷・大崎経由)品川行き最終電車の発車時刻が、最大で28分も早まるという情報です。終電近くまで飲み会をしている会社員の方、学生さん、そして飲兵衛のみなさま、お気をつけください。以下全文を読む(まぐまぐニュース)
海外の反応をまとめました。




・私が実現してほしいと思っていたことと真逆だ。


・山手線は24時間運行になるべきだ。


・↑だよな?深夜の運行には運賃を200円余分に払っても構わないよ。


・↑深夜から午前5時まで一時間に一本だとしても、大きな違いを産み出す。


・↑線路にはメンテナンスが必要だ。
山手線の終電に乗っていると、保守管理をする作業員たちが、酔っ払いが降りるのを待っているのを見かける。
安全が一番大事だ。


・↑そうだよね。
特に山手線は5分ごとに発車するから。


・家にいるだろうから、私には関係ない。
でも、どうして終電時刻を変えるの?


・終電が品川ではなく大崎どまりになるということだ。


・東京のような都市に24時間運行している公共交通機関がないことが悲しい。


・バーやクラブは気に入らないだろうな。





・池袋行きの電車が運行し続けるなら、私は構わない。


・外国人はHubからどうやって帰宅すればいいの?


・意味が分からない。少なくともバスを出してくれよ。
夜勤の人たちはどうやって移動すればいいの?


・↑夜勤はたぶん午後11時から始まって午前6時に終わる。


・終電はもっと遅くあるべきだ。早めるべきではない。


・タクシー業界の圧力だな。
オリンピックに備えている。


・なんでだよ。もう既に十分早いのに。


・何だって?!
ありがとう、これで家に帰れなくなる。


・私は構わない。
どうせ私は一晩中外出している。


https://goo.gl/mutYdV,https://goo.gl/UAMJHu,https://goo.gl/J2fRqU



follow us in feedly