aaas
セガは、ピエール瀧さんがコカイン使用の疑いで逮捕されたことを受けて、“キムタクが如く”として話題を呼んだゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』の出荷・DL販売を自粛する。以下略(KAI-YOU)
海外の反応をまとめました。




・なんだよ、これは最悪だ。


・羽村の声優はヤクザだったの?


・↑日本では、靴にマリファナの分子がついていただけで、エル・チャポ(メキシコの麻薬王)だ。


・日本が薬物に厳しいことを知らなかったよ。


・これが理由でゲームの販売を止めたことを驚いた。


・セガは愚かだ。


・龍が如くシリーズにハマり始めていたのに...。


・ゲームの中では麻薬を使用するキャラクターもいるのでは?
私の間違いかもしれないが、薬物を使っているキャラクターがいたと思う。


・西洋での販売を台無しにしないでくれよな....。


・まぁ、彼がレイシストでない限り、西洋でのリリースには影響がないだろう。





・なんだよ...デモでの彼の声が好きだったのに。


・明らかに西洋での発売日もかなり延期される。


・正直、販売中止よりは延期の方が良い。


・出演者の一人が逮捕されて、どうして販売が中止されるの?
意味が分からない。


・より大きな疑問は、誰に彼の代わりが務まるかということだ。
ピエール瀧を失うのは大きな損失だが、日本は薬物の使用に容赦ない。


・どうしてこういうことが販売に影響するの?
国はどこであれ、芸能界は如何わしい連中だらけであることを世間は承知しているだろ?
彼がやったことを擁護するつもりはないから、誤解しないでくれ。


・↑これは日本だ。彼らは薬物を本当に嫌う。


・↑東洋と西洋の文化の違いだね。
日本、中国、韓国では薬物の使用が本当に嫌われる。
歴史的な出来事が関係している。
でも、薬物中毒者への彼らの接し方は嫌だね。
セガの経営陣たちは、薬物使用を大目に見ているように見られたくないのだろう。


https://goo.gl/AmxkZC,https://goo.gl/GuFesP


follow us in feedly