a
2018年に落とし物として沖縄県警に届けられた現金は2億370万2934円で、そのうち約7割の1億3828万3658円が落とし主に返された。過去5年間の返還率は平均で約66%。県警会計課によると、財布を落として現金が戻ってきた外国人観光客からは「日本はすばらしい」と驚きの声も寄せられている。以下略(沖縄タイムス)
海外の反応をまとめました。




・賞賛すべき統計だ。


・私の国フランスではお目にかかれない。


・これが日本だ。


・私は沖縄で小銭入れ、財布、iPhoneをそれぞれ一度忘れた。
3つとも返ってきた。(私は無くし物が多い)


・↑君は問題を抱えていると思う。
最近、家に帰る道を忘れたことは?


・京都でも同じだよ。
日本の伝統文化と言ってもいい。


・残りの32.1%は米海軍の基地で落とされた。


・5000円くらい入った財布を落とした。
警察に財布は届けられたが、中身は抜かれていた。


・宮崎で現金が入った財布を落とした。
同じ日に取り戻したよ。
最寄りの警察署に落としたと届けるだけで良かった。





・東京での数字はもっと高いと思う。
間違っているかもしれないが。


・浅草での統計は?
自転車で周っている時に財布を落としたけど、戻ってこなかった。
日本で落とし物をして初めて戻ってこなかった。


・愛知県の刈谷のスーパーにiPhoneを忘れた。
1時間後に店に戻って、無事に返ってきた。


・横浜で息子が現金と身分証が入った財布をなくした。
彼の元に戻ってきた。
拾い主は当然のことをしたと言って、お礼を受け取らなかった。


・東京でタクシーに乗った時に夫が数百ドル入った財布をタクシーの中で落とした。
どこのタクシー会社か分からなかったけど、数社にかけた後、取り戻したよ。


・沖縄のタクシーにカメラを忘れた。
翌朝、ホテルのフロントに届いていた。
他ではこんなことは起きない。


・エル・セグンド(カリフォルニア)で財布を無くしてしまって残念。


https://goo.gl/bFRcaj



follow us in feedly