ee
ソウルで美味しい寿司を手ごろな価格で提供する寿司職人が、YoutubeのグルメチャンネルEaterで特集されていました。

海外の反応をまとめました。



動画



・この特集の後、彼のレストランは大繁盛するだろう。


・↑本当にそう願う。
彼は面白そうな人だ。


・彼のレストランは既に予約がかなり難しいよ。


・なんて素晴らしい男だ。


・勤勉で謙虚、常に成長しようとする男だ。


・「アルコールは私のサイドディッシュ」と言った時に既に納得した。


・だからアジアは急成長しているんだ。
彼らは一生懸命働くし、計画を立てて、それに向かって努力する。


・あんな風に一人で店を切り盛りするのは本当に凄い。
情熱をもって、客に手ごろな値段で最高の寿司を提供する。


・寿司が好きだけど、手が出せない人たちはたくさんいる。
みんなに寿司を食べる権利があるはずだ。





・ところで5万ウォンは44ドルくらいだ。


・↑彼の仕入れ値を考えると、かなりお買い得だ。


・魚5匹で1万ウォン。
13豪ドル(約1000円)くらいか。


・あのカキは、本当に美味しそう。


・あのマグロはどこで獲ったの?
養殖?


・↑たぶん日本だろう。
養殖ではないと思う。
日本でも養殖のマグロは珍しい。


・新鮮な魚は素晴らしい!
日本の寿司職人は、私を無能に感じさせてしまう。
彼らは本当に素晴らしいし、食べ物の芸術家だ。


・↑この男は韓国人だぞ...。


・韓国人は魚介類を調理するのが上手だが、私の経験では、彼らは寿司を理解していないと思う。
まるで何かを体得した兄を尊敬する弟が、自分は下手なのに本物だと主張しているかのようだ。


・こういう人たちは、成功に値する。
自分の作品に情熱と献身を注ぎ込む。


https://goo.gl/c1iRjw



follow us in feedly