aa
マーリンズ時代から同僚「彼はいろんなことを教えてくれた」 ■マリナーズ 5-4 アスレチックス(21日・東京ドーム)  マリナーズのディー・ゴードン内野手が21日、アスレチックスに5-4で勝利した「2019 MGM MLB日本開幕戦」第2戦の後にお立ち台に上がり、この試合で第一線を退くと報じられているイチロー外野手への感謝の思いを改めて明かした。(フルカウント)以下全文を読む

海外の反応をまとめました。



動画




・気持ち分かるぜ、ディー。


・野球に涙は必要ない。
目玉よ、お前に言っているんだぞ!


・チームメイトや友人には、こういう態度を示してほしい。
偉大な野球選手であり、素晴らしい人だった。


・ ディー・ゴードンが前回試合中に泣いた時のことを思い出した。


・ディーは大変な思いをしてきている。
ホセ・フェルナンデスの次はイチローだ。
ホセ・デルフィン・フェルナンデス・ゴメスは、キューバ・ビジャ・クララ州サンタ・クララ出身の元プロ野球選手。右投右打。背番号は『16』。MLB・マイアミ・マーリンズに所属したが、後述の事故により24歳でその生涯を終えた。 ウィキペディア


・彼は球場で心を震わせるようなことを経験してきている。


・ゴードンはホセ・フェルナンデスが亡くなった後の試合でホームランを放った。
そして、イチロー最後の試合でイチローとハグしている。


・↑凄いことだよね。
メジャーに昇格した時の話もドラマチックだった。





・ドジャースがゴードンをトレードに出した時、悲しかったなぁ。
試合を見に行ったら、彼がマーリンズでプレーしていた。
混乱したよ。
トレードのことを知らなかった。


・↑しかも打撃コーチがバリー・ボンズだった。
自分が滅茶苦茶になるのは良いが、他の若い連中を滅茶苦茶にするなと思った。
バリー・ボンズが、彼らにステロイドを教えたとは言っていないぞ。


・菊池雄星が泣き始めた時、100倍悲しくなった。


・EPSNのアナウンサーは、彼らがマーリンズでチームメイト同士だったことを忘れているようだ。
2人が知り合って間もないような言い草だった。


・ゴードンが素晴らしいキャリアを送ることを祈る。


・ゴードンはキャリアを通じて感動的なシーンを体験している。
まるで野球界のフォレスト・ガンプのようだ。


https://goo.gl/vj17eK,https://goo.gl/rykzTZ


follow us in feedly