d
メキシコのロペスオブラドール大統領は旧宗主国であるスペイン国王フェリペ6世とローマ法王フランシスコに対し、侵略から植民地時代における人権侵害などに謝罪するよう求める書簡を送った。ロペスオブラドール氏は「和解を進めるため」とするが、スペイン政府は反発しており、今後、両国関係の悪化も懸念される。ロペスオブラドール氏は25日、500年前のエルナン・コルテス率いるスペイン人による征服行為やその後の植民地時代を通じて人権侵害などがあったと指摘。スペイン国王とローマ法王に書簡で、侵略から植民地時代にかけてのスペイン人の行為に関して「歴史的な見直しと謝罪を求めた」ことを明らかにした。以下略(日本経済新聞)
海外の反応をまとめました。




・スペイン語でもう一度言わせてくれ。
「Noだ」


・なんて馬鹿馬鹿しいことを要求するのだろう。


・スペイン国王「それは昔の国王の話だから」


・まだ恨みを抱えているんだね?


・何の意味が?
当時の人たちも彼らの子供たちもこの世にもういない。


・これは面白すぎる。(大爆笑)


・道化を大統領に選ぶとこんなことになる。


・批判の矛先を変えようとしているんだね。


・メキシコは退屈しているの?


・これは自分の親に自分を産んだことの謝罪を要求するようなものだぞ。





・間違いなく不当に扱われた祖先は誰にでもいる。


・彼は他に何を要求したの?
自分たちを産み出したことへの謝罪を彼らは要求した。


・歴史を「修正」することは決して上手く行かない。


・↑君が中国にいるのなら別だけどね。


・メキシコ人だ。
メキシコ人の多くが、馬鹿馬鹿しいことだと思っている。


・指導者が議論を巻き起こすようなことを見つけられないと、こういうことになる。


・メキシコ人だが、我々の大統領が何をしようとしているのか理解できない。


・先祖のことで謝る必要はない。
馬鹿げている。


https://goo.gl/JcUaAN,https://goo.gl/iZBAQZ,https://goo.gl/4ZgNV7



follow us in feedly