a
海外の反応をまとめました。



画像
1a
「杉浦千畝、この男は6000人のユダヤ人を救った。
彼はリトアニアにいた日本の外交官だった。
ナチスがユダヤ人狩りをし始めると、杉原は自らの命を危険に晒しながらも、非合法なビザをユダヤ人に発給し始めた。彼は1日18時間ビザを書き続けた。
彼の領事館が閉鎖され、避難しないといけない時でさえ、彼はビザを書き続け、列車からビザを投げている様子が目撃された。
彼は6000人の命を救った。
1985年にイスラエルが彼を称えるまで、世界はそのことを知らなかった。
彼が亡くなる一年前のことだった」


・この男について学んだことを憶えている。
人々を救うために、彼がどれほど身を捧げたか考えると凄いことだ。


・彼がいなかったら、私は存在しなかった。
彼は祖父を救った。


・これは本当に称賛されるべきことだ。


・彼はシンドラーさん?


・彼はイーロン・マスクに似ている。


・彼はどれくらい自分の命を危険に晒したのかな?
彼は領事館で働いていたから、外交特権があったはずだ。
それと当時の日本は、ドイツの同盟だった。
だからこういうことをするのに最適な役職だったと思う。
それでも素晴らしいことだけどね。


・彼のことをいつ映画化するのだろう?





・もう既に彼の話は映画化されている。


・カッコイイ役人だぜ。


・南京事件の時には、ナチスが日本人から中国人を守っていたから、とても奇妙に聞こえる。


・3000人のユダヤ人を救った何鳳山という中国の外交官もいた。


・ヒーローというのは存在する。
過ちが傍観せずに許さない素晴らしい例だ。


・彼はその後の余生を静かに送った。
自分が行ったことを自慢することもなかった。


・私の6年生の生徒たちは、彼についての話を毎年読む。


・↑君は良い教師だ。

https://bit.ly/2v4Vw0Z





follow us in feedly