カテゴリ: 日本

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    tr
    自動運転技術を開発するZMPは2017年7月13日、歩道を自動走行する宅配ロボット「CarriRo Delivery(キャリロデリバリー)」を発表した。食事や日用品を収める宅配ボックスを搭載し、センサーとカメラで周囲を認識して時速3~6キロメートルで歩道を移動する。同社は宅配サービス事業者と実証実験に取り組む方針で、第1弾として宅配寿司「銀のさら」を運営するライドオン・エクスプレスと8月にも実証実験に臨む。CarriRo Deliveryの大きさは長さ1330×幅750×高さ1090ミリメートル。大人の腰くらいの高さで、スーツケースを一回り大きくしたほどだ。積載重量は100キログラムで、8時間稼働できる。  内蔵の宅配ボックスはスマートフォン(スマホ)のアプリやQRコード読み取り機能などで施錠・解錠できるようにする見通し。利用者はスマホアプリから商品を注文すると、店舗の店員が商品をCarriRo Deliveryに載せて施錠。利用者宅まで歩道を自動走行し、商品を届ける。到着したら利用者のスマホに通知が届き、解錠して商品を受け取り、事前登録のクレジットカードなどから代金が引き落されるといったイメージだ。以下略(日本経済新聞)
    海外の反応をまとめました。

    【日本に寿司宅配ロボットが登場(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    jty

    海外の反応をまとめました。

    【猫パンチを食らった日本のオウムが行った反撃(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ