カテゴリ: 世界のニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    pp
    韓国のアイドルグループ「防弾少年団(BTS)」の「原爆Tシャツ」をめぐる問題が、過去に披露した「ナチス風衣装」の問題に波及し、米国のユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」が2018年11月11日付(現地時間)で非難声明を出した。 SWCは、ホロコースト否定論やユダヤ陰謀論を唱えるメディアに対して、広告主を巻き込みながら激烈な抗議活動を展開することで知られ、日本では1995年に文芸春秋社の月刊誌「マルコポーロ」が廃刊に追い込まれている。こういった「コワモテ」ぶりが影響しているのか、SWCのアカウントには「ナチスとは無関係」といった「釈明ツイート」が殺到している。以下全文を読む(J-CASTニュース)
    海外の反応をまとめました。


    【米ユダヤ系団体にBTSのファンから抗議殺到(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    98
     米ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は11日、原爆のきのこ雲がプリントされたTシャツを過去に着用したことで日本のテレビ出演が中止になった韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」が、過去にナチス親衛隊(SS)の記章をあしらった帽子をかぶったり、コンサートでナチスを想起させる旗を掲げたりしていたとして非難した。以下略(共同)
    海外の反応をまとめました。


    【米ユダヤ団体「BTSは日本の人々とナチスの被害者に謝罪すべき」(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ