カテゴリ: 海外の今日学んだこと

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    rtf
    流山市で、いま最も有名な「ナカムラ・ヨウスケ・クン」。ヨウスケ・クンは、名都借の中村昌生さん宅で飼われていたオウムの一種ヨウムで、今月6日に迷子になってしまったが、自分で名前や住所をしゃべったため19日に無事飼い主のもとに帰ったのを、NHKや民放各社が取材し21日から22日にかけて、その様子が放送されました。新聞でも各紙が取り上げ、全国版でも紹介されました。事件や事故の痛ましい話題が多い中、ほのぼのとした明るい話題として、多くの報道機関で取り上げられました。中村さんによると、ヨウスケ・クンは6日の昼ごろに自宅の庭で家族とともに日光浴を楽しんでいたところ、急な物音に驚いて飛び立ってしまったそうです。家族総出で、近くの森などを探したが見つからず途方にくれていたところ、流山警察署から19日に連絡があり無事家族の元に戻ったとのことです。同署によると、6日の夕方に中村さん宅から数百メートル離れた民家の住民から、自宅に鳥が迷い込んだとの通報を受け、署員がフェンスに止まっていたヨウムを捕獲し、市内のこんどう動物病院に預け、保護されていたそうです。 こんどう動物病院に預けられた当初は口をつぐんでいたが、緊張がほぐれたのか5日ほど経ってから次第にしゃべりだし、ついには「ナカムラ ヨウスケ クン」、「ナガレヤマシ ナズカリ・・・」と自分の名前と住所を正確に声に出したそうです。同院から連絡を受けた流山警察署は、名前と住所から中村さんに確認の電話をし、中村さん宅のヨウスケ・クンであると判明、今回の美談となったものです。以下略(流山市)
    海外の反応をまとめました。

    【迷子になった日本のオウムが自分の名前と住所を喋り、飼い主の元に帰ったことを知った(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    y
    リチャード・アイラ・ボング(Richard "Dick" Ira Bong, 1920年9月24日-1945年8月6日) はアメリカの陸軍(陸軍航空軍)軍人。最終階級は陸軍少佐。 アメリカ全軍において第1位[1]となる、撃墜数40機を誇るエース・パイロット。名誉勲章受勲者。愛機は機首に婚約者の写真を大きく引き伸ばして貼ったP-38 ライトニング“マージ号”。以下略(ウィキペディア)
    海外の反応をまとめました。

    【日本軍の戦闘機40機を撃墜した米の伝説のパイロット(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ