カテゴリ: 海外のサイエンス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1
    京都大は9日、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った細胞を、神経難病のパーキンソン病を患う50代の男性患者の脳に世界で初めて移植したと発表した。医師主導の臨床試験(治験)として、今年8月から準備を進めていた。治験で有効性や安全性を確認し、早期の保険適用を目指す。以下略(毎日新聞)
    海外の反応をまとめました。


    【世界初!京都大学がパーキンソン病患者にiPS移植(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1
    朝食を抜くと、肝臓での脂質代謝や体温に関する体内時計が乱れ、エネルギーの消費が減って太ることを、名古屋大の小田裕昭准教授(時間栄養学)らの研究チームが解明し、31日付の米科学誌に発表した。 朝食を抜くと肥満やメタボリック症候群、糖尿病などになりやすいことが知られているが、その仕組みは分かっていなかった。小田准教授は「朝食は体内時計にとって最も重要な食事。朝食を勧める科学的根拠が示せた」と話している。以下略(共同)
    海外の反応をまとめました。


    【日本の研究チーム「朝食抜くと太るメカニズムを解明」(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ