カテゴリ: 2020年東京五輪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    p
    酷暑が予想される2020年東京五輪のマラソンへの対策を練るための合宿を実施している日本陸連が23日、東京都内で記者会見を開き、河野匡・長距離・マラソン・ディレクターは「想定される条件で選手がどういう反応になるか基礎データを集めている」と説明した。以下略(共同通信)
    海外の反応をまとめました。


    【(東京五輪)真夏の東京でマラソン競技を安全に行える?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    hg
    2020年東京五輪・パラリンピックは経費に関する都と大会組織委員会、国、都外自治体の役割分担が大枠で固まり、いよいよ本格的な準備へ向かう。組織委の森喜朗会長に展望を聞いた。  -開幕まで3年、準備状況はどうか。  役割分担の話で1年ほど遅れたのは痛かった。どうしたら心の底から喜べて、本当にいいお祭りだったと心に残る大会にできるかを考えていく。  -目玉となる開閉会式の検討が始まった。  あまり奇抜なことは狙わない方がいい。仮に歌舞伎、相撲でやっても世界の人は分からない。一番分かってくれるのは日本のアニメや漫画。ドラえもんやキティちゃん、鉄腕アトムもある。漫画大行進だ。そういうのがあってもいい。以下略(時事通信)
    海外の反応をまとめました。


    【東京五輪の開会式で漫画キャラの大行進?(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ