カテゴリ: 2020年東京五輪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    thh
    【ニューヨーク=共同】2020年東京五輪の新種目として国際水泳連盟が男女混合リレーなど競泳の10種目を国際オリンピック委員会(IOC)に提案したと、11日までに米NBCスポーツ(電子版)が伝えた。以下略
    海外の反応をまとめました。


    【東京五輪の新種目に競泳の男女混合リレー?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ttt
    日本は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催までに、十分な数の英語話者を確保するのに苦労している。 中には、書き言葉や文法よりも英会話に力を入れようと、会話の用例にBBCの名作コメディ・シリーズ「フォルティ・タワーズ」を使う指導者もいる。 日本政府や企業は、観光事業や国際貿易の促進、さらには日本の良いイメージを世界に発信する機会として、五輪を活用したいと考えている。 そのため政府は、五輪ボランティアとして、あるいは宿泊施設、観光業界、小売業界で働く人材として、十分な人数の英語話者を確保する必要がある さらに、来日した観光客や競技出場選手に英語で対応できる医師や看護師など、専門職の需要もある。英語とのこの溝を埋めようと、政府は取り組みを続けている。中略  「日本では、英語で話す機会はあまり多くない。その結果、日本人の多くは英会話より読み書きの方が得意になる」 生徒たちがもっと英語を話すようにと、工夫を凝らす教師たちもいる。例えば、宿題にコメディを見させるなどだ。 福岡県の教師たちは、生徒の耳を英会話に慣らせるために「フォルティ・タワーズ」や「宇宙船レッド・ドワーフ号」といったテレビのコメディ番組を使っている。 つまり「フォルティ・タワーズ」の登場人物のバジル・フォルティやシビル・フォルティ、もしくはマヌエルのように話す日本人生徒たちが出現する可能性があるというわけだ。以下略(BBC)
    海外の反応をまとめました。


    【五輪での英語話者の確保を急ぐ日本、英コメディ番組を頼りに(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ