カテゴリ: 2020年東京五輪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1234
    【6月17日 AFP】 国際オリンピック委員会(IOC)は16日、1976年から五輪を支援し続けてきた米ファストフード大手マクドナルド(McDonald’s)とのスポンサー契約を終了すると発表した。  モントリオール(Montreal)での夏季大会から五輪を支援してきたマクドナルドは、IOCとの契約を即時に打ち切るとしているが、2018年開催の平昌冬季五輪に限ってスポンサー契約を継続するという。以下略

    海外の反応をまとめました。

    【マクドナルドが五輪から撤退へ、東京五輪では協賛せず(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    gew
     招致段階で約7300億円だった大会経費は、なぜ約2倍の約1兆3850億円にまで膨らんだのか。巨額の都税を支出する都は都民への丁寧な説明が求められる。  Q 大会経費が膨らんだ最大の理由は。  A 招致段階の試算にはすべての経費が含まれていなかった。例えば競技会場の整備費は建物の本体工事費のみ。東日本大震災の復興需要による人件費や資材費などの高騰もほとんど考慮されていなかった。  Q 過去の大会も同じか。  A ロンドン大会の経費も当初の約7500億円から約2兆1千億円に膨らんだ。国際オリンピック委員会(IOC)に低コストをアピールし、招致活動を有利にしたい思惑から、立候補時の甘い試算は慣例化している。以下略(NHK)
    海外の反応をまとめました。


    【(招致時の倍)東京五輪の大会経費は1兆4千億円に(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ