カテゴリ: アニメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    11
    日本のアニメの魅力を発信しようと、香港の中心部に、人気アニメ、「機動戦士ガンダム」の高さ6メートルの巨大な2体の像が登場し、話題となっています。 香港中心部の商業施設前の広場に現れたのは、日本の人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する白い「νガンダム」と赤い「サザビー」の2体のモビルスーツの像です。 高さは、アニメ上の大きさの3分の1にあたる6メートルあり、ガンダムを取り扱う会社などが日本のアニメの魅力を広く発信しようと、ガンダムファンが多く観光客も集まる香港に11日から設置しました。以下略(NHK)
    海外の反応をまとめました。


    【巨大な日本の秘密兵器が香港に登場(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ooo
    2018年8月2日、韓国・ソウル新聞によると、韓国の漫画家キム・ソンモさんが「トレーシング(他人の絵を描き写すこと)疑惑」への立場を表明した。 韓国のネット上では最近、キムさんの連載するウェブ漫画「高校生活記録簿」のいくつかの場面について「井上雄彦さんの名作バスケットボール漫画『スラムダンク』を描き写したものではないか」との疑惑が浮上していた。ネットユーザーらは「登場する人物の目や眉毛、口だけでなく、汗の位置まで酷似している」と指摘した。 これに対し、キムさんは1日、自身のフェイスブックで「見習い時代にスラムダンクを30冊ほど描き写したことがある。知らぬ間に手が覚えてしまい、その後に作品が(スラムダンクと)酷似していると指摘されてきた」と説明し、「わざと他の作家の絵を描き写すことはない」と疑惑を否定した。ただ「確認したところ、読者が疑ってもおかしくないほど酷似していた」とし、「すぐに修正し、再発しないようにする」と述べた。その上で「画風が似るのは脳より手の問題であるため、理解してほしい」と呼び掛けた。以下略(レコードチャイナ)
    海外の反応をまとめました。


    【日本の漫画に酷似した韓国の漫画が打ち切りに(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ