カテゴリ:日本 > 日本国内の事件・ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    tttterer
    理化学研究所は19日、都内で記者会見し、STAP細胞の有無を調べる検証実験で「再現できなかった」と正式に発表した。3月まで予定していた実験も打ち 切る。小保方晴子研究員と、理研の別チームが進めていた実験のいずれでも作製できなかった。下村博文文部科学相は閣議後会見で「STAP細胞が存在しない と確定した」と語った。今後の焦点は不正が起きた経緯の解明に移る。理研によると、小保方氏は21日付で理研を退職することを明らかにした。 小保方氏らは1月、英科学誌ネイチャーにSTAP細胞に関する論文を発表した。だが画像の使い回しなどの疑問が指摘され、7月に論文が撤回された。成果は白紙になっているが、今回の発表で細胞の存在自体に根拠が失われたことになる。
    会見では、理研の検証実験チームの総括責任者である相沢慎一チームリーダーと丹羽仁史・副チームリーダーらが検証実験について説明した。小保方氏は体調不良を理由に出席しなかった。(日本経済新聞)
    海外の反応をまとめました。



    【「魂の限界」小保方氏が理研を退職,STAP再現できず(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    errf
    深海掘削船「ちきゅう」は、下北半島沖の太平洋の海底を掘削して、誰も到達したことのない水深での調査を行った。そして得られたサンプルは、この極限の環境における生命の存在を示唆しているというのだ。(WIRED)
    海外の反応をまとめました。



    【日本の沖合の水深2,400mの海底に生命が存在か?(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ