カテゴリ:日本 > 日本の文化・社会

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    j
    仏道では、掃除は「作務」という修行の一つです。ブッダの弟子に周利槃特(シュリハンドク)というお坊さんがいて、自分の名前も覚えられないほど物覚えの悪い彼に、ブッダは1本のほうきを渡し、とにかく掃除をするように言いました。周利槃特は「ちりを払い、あかを除かん」と唱えながらひたすら掃除を続けるうちに、ちりやあかとは自分の執着心のことだったと気づき、悟りを開いたと言われます。 つまり、掃除は汚れを取るだけでなく、心の汚れやくもりを除いて、「気づき」を与えることもできるのです。「気づき」とは、自分がやっていることに向き合うこと。掃除は体を動かし、五感を働かせながら、空間の隅々にまで意識を行き渡らせるので、多くの気づきを与えてくれます。以下略(花王[達人コラム] 光明寺 僧侶 松本紹圭さん 掃除で部屋も心もきれいに整える)
    海外の反応をまとめました。


    【日本のお坊さん「掃除で部屋も心もきれいに整える」(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    rgg

    海外の反応をまとめました。

    【日本人が電車内でついやってしまう迷惑行為TOP10(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ