カテゴリ:日本 > 日本の文化・社会

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ht
    前略 日本の「赤毛のアン」への愛情は、第2次世界大戦が勃発する直前、カナダ人宣教師が自身の生徒である村岡花子氏に「赤毛のアン」の原書を渡した時に始まった。以来、この物語にヒントを得たアニメ・シリーズや漫画本、さらには複数の日本映画が作られ、「赤毛のアン」への愛情は今日に至るまで続いている。 こうして、アンは欧米からの輸入文化としてのみならず、日本文化そのものの一部となり、日本のアーティストや著者によって主に日本の観客や読者向けに、解釈に解釈が重ねられてきた。 日本人は概して真似が得意、と語るのは、筑波大学で文学を教える吉原ゆかり准教授だ。1年生向けの履修課程に「赤毛のアン」を取り入れている。 「赤毛のアン」はこうした日本のより広範な翻案文化の一部だと吉原氏は話す。 アンは特に日本の女性から人気がある、と吉原氏は言う。グリーン・ゲイブルズの世界は、日本語でかわいらしいとかロマンチック、美しいものを表現する時に使われる「カワイイ」に満ちているからだ。 美しい景色やふくらんだ袖、お茶会などのかわいらしいものばかりなので、日本の女性は『赤毛のアン』の話が大好き、と吉原氏は説明する。以下略 (BBC)
    海外の反応をまとめました。


    【日本で最も愛される赤毛の少女(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    h

    Q.日本はカスタマーサービスで有名だけど、過大評価だと思う?
    それとも、有名なのは当然だと思う?

    海外の反応をまとめました。

    【日本のカスタマーサービスは過大評価だと思う?(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ