カテゴリ:日本 > 日本の偉人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    r
    <プロフィル>吉原義人(よしはら・よしんど) 1943年東京都葛飾区生まれ。幼い頃から弟と共に刀鍛冶であった祖父・初代国家(くにいえ)から刀作りの手ほどきを受け65年文化庁認定刀匠に。高松宮賞初め数々の賞を受賞し、39歳の時に史上最年少で刀鍛冶の最高位である無鑑査認定を受ける。卓越した術は勿論、海外への積極的な啓蒙活動や後進の指導も含め刀剣界の発展に尽力し、次期人間国宝に最も近い職人といわれる存在。東京都無形文化財保持者。凝り性でちょっとした家具や料理は何でも自分で作るという。74歳。以下略(毎日新聞)
    海外の反応をまとめました。

    【日本の天才刀鍛冶が海外で話題に(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    9
    (CNNMoneyおしゃべり好きな81歳の女性が、高齢者にもスマートフォンに興味を持ってほしいとの思いから、初めてのアプリを約半年かけて開発した。 若宮正子さん(81)は、自分たちの年代向けの楽しいアプリが少ないことに不満を持っていた。ゲームで若者と対戦すると、指の動きがスピードに付いていけないので簡単に負けてしまう、と若宮さん。高齢者向けのゲームを開発してほしいと何人かに頼んでみたが、誰も関心を示さなかった。以下略
    海外の反応をまとめました。

    【81歳の日本人女性が新アプリ開発(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ