カテゴリ:日本 > 技術大国日本

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    yet
    パナソニックは、ナノイーX搭載で衣類を消臭できる「脱臭ハンガー MS-DH100」を、9月1日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は20,000円前後(税抜)。 衣類の消臭や花粉の抑制ができるハンガー。独自イオン“ナノイー”の10倍のOHラジカルを生成する「ナノイーX(エックス)」を搭載した点が特徴。スーツやジャケットに付着した汗やタバコ、焼肉などのニオイを分解脱臭する。付属のカバーを使用すれば、カバー内でナノイーXが充満し、衣類の内側だけでなく外側までしっかりケアするという。以下略(家電Watch)
    海外の反応をまとめました。


    【日本企業が開発した「脱臭」ハンガー(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    wr
     コニカミノルタは13日、スマートフォン(スマホ)のアプリと連携して体臭を測定できる装置を開発し、先行販売を始めたと発表した。3種類の臭いをかぎ分けて、スマホで結果をすぐに確認できる。臭いをかぎ分けてレベル付けできる技術は世界初という。先行販売の結果を見極めたうえで一般販売を検討する。名称は「Kunkun body(クンクン ボディ)」。大阪工業大学と共同開発した技術を活用する。システムが自ら学ぶ「機械学習」を活用し、汗臭、加齢臭、ミドル脂臭をかぎ分けられるようにした。利用者は耳の後ろなどに装置を当てて、20秒ほど待つだけで、手持ちのスマホで結果を確認できる。臭いの種類別のほか、総合的な評価が可能。種類別では10段階、総合では最大100点までの点数で結果を示し、対策も提示する。以下略(日本経済新聞)
    海外の反応をまとめました。

    【日本企業が体臭を測定するデバイスを開発(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ