カテゴリ: オーストラリア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    uu

    海外の反応をまとめました。

    【豪で食べたラーメンとタコ焼き(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    hg
    最高品質のビーフといえば“オーガニック”や“グラスフェッド(牧草飼育)”というステーキ愛好家は多い。だがオーストラリアの牧場「マユラステーション」の酪農家よれば、新しい高級ビーフは、チョコレートを与えた純血種の和牛だという。 最初にこれを考案したのは、同牧場の経営パートナーであるスコット・デブラウン。1998年のことだった。彼の父親エイドリアンは、オーストラリアで初めて日本から純血種の和牛を輸入し、繁殖させた酪農家の1人だった。 「マユラステーションは純血種の和牛生産のパイオニアだったが、さらなる差別化を図るために何か違う、新しいことがしたかった」とデブラウンは言う。 そこで彼は、日本から来た栄養学の専門家に相談。2年以上をかけて、4人の専門家を“審査員”に全部で24の食味テストを行い、最終的な餌の割合を決めた。大手菓子メーカーのキャドバリーから提供されたミルクチョコレートを平均1~2キロ、それにグミやいちごなどを飼料に混ぜて毎日与えている。以下略(Forbes Japan)

    海外の反応をまとめました。

    【チョコレートを食べて育つ「豪産」和牛ビーフ(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ