タグ:ユネスコ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    wrg
    アメリカ政府は、国連機関のユネスコ=国連教育科学文化機関からアメリカが脱退する意向をユネスコ側に伝えたことを明らかにしました。 アメリカ国務省のナウアート報道官は12日、声明を発表し、ユネスコ側に脱退の意向を伝えたことを明らかにしました。 ナウアート報道官は、今回の判断について「ユネスコの運営の在り方や、同盟国イスラエルへの姿勢に対してのアメリカの懸念を反映するものだ」と説明しています。 声明では、脱退の時期について来年、2018年の12月31日としています。そのうえで、正式な加盟国ではないオブザーバーとしてユネスコには関わっていくとしています。以下略(NHK)
    海外の反応をまとめました。


    【アメリカがユネスコからの脱退を発表(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    33
    岸田外務大臣は、繰り上げ閣議のあと記者団に対し、支払いを保留していたユネスコ=国連教育科学文化機関への分担金について、改善を求めてきた記憶遺産の制度の見直し作業が行われていることなどを理由に、今月支払ったことを明らかにしました。ユネスコの記憶遺産をめぐっては、「南京事件」の資料が登録されたほか、「慰安婦問題」に関する資料の登録申請が行われていて、日本政府は制度が政治利用されるのは問題だとして改善を求めるとともに、例年5月ごろまでに支払っているユネスコの分担金38億円余りの支払いを保留していました。以下略(NHK)
    海外の反応をまとめました。

    【日本が保留分のユネスコ分担金38億円を支払う(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ