タグ:大阪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    oi
    心斎橋や道頓堀など大阪の繁華街ミナミに中国を中心とするアジアからの観光客が押し寄せ、たこ焼きを片手に町歩きを楽しんでいる。人口流出や大手企業の本社機能移転など地盤沈下を続けてきた大阪が、インバウンド(訪日外国人客)をきっかけに復権の兆しをみせている。中略 大阪観光局によると、2016年に大阪府を訪れた外国人観光客は940万人と3年で3.6倍に増加し、2.3倍だった全国を上回った。今年は6月までで531万人と初の年間1000万人が視野に入っており、内訳は中国175万人、韓国121万人、台湾72万人、香港37万人だった。格安航空会社(LCC)便の増加で、関西国際空港のアジアからの入国者数は成田空港を上回り、国内で首位。以下略(ブルームバーグ)
    海外の反応をまとめました。


    【大阪に押し寄せる外国人観光客(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ttt
    皮膚に針を刺して色素を入れ文字や模様を描くいわゆるタトゥーを客に施した行為が医師法違反にあたるかどうかが争われた裁判で、大阪地方裁判所は、「感染症などの被害が出るおそれがあり医師免許が必要だ」と指摘し、彫り師の被告に罰金15万円を言い渡しました。 大阪・吹田市の増田太輝被告(29)は、平成26年7月以降、医師の免許がないのに自宅で女性客3人にタトゥーを施したとして医師法違反の罪に問われました。 検察は罰金30万円を求刑したのに対し、弁護士は、「医師でなければ危険だというわけではなく、医師法に明確な規定がないのに法律を適用するのは誤りで、憲法が保障する職業選択の自由や表現の自由の侵害だ」として無罪を主張していました。以下略(NHK)
    海外の反応をまとめました。




    【大阪地裁がタトゥーに医師免許必要の判決 (海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ