タグ:富士通

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    de
    海外の反応をまとめました。


    【80年代の日本のパソコン広告(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    6
    富士通研究開発中心有限公司(FRDC、佐々木繁董事長)と、富士通研究所(佐相秀幸社長)は、人間の脳の働きを模した人工知能(AI)技術を活用して、96.7%の認識率をもつ手書き文字認識技術を世界で初めて開発した。
     FRDCと富士通研究所は、過去数十年間、文字認識の分野に携わってきた。手書き中国語の文字認識技術は、中国政府の国勢調査で8億枚の帳票認識に活用 されるなど、商用の技術レベルを実現している。2010年には、深層学習にもとづく人工知能による文字認識の研究を開始。2013年には、開発した人工知 能による文字認識技術が、文書画像処理分野の国際会議「ICDAR 2013」が主催する手書き文字(中国語)認識コンテストで1位(認識率94.8%)を獲得している。以下略(BCN)
    海外の反応をまとめました。


    【富士通がAI活用で中国語手書き文字の認識率96.7%を実現(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ