タグ:寿司

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    2
    イギリスでは、健康意識が高い消費者にうけた寿司が、サンドイッチに取って代わり、最も人気がある携帯食になったそうです。
    しかしながら、イギリスの寿司は日本の寿司に比べると、
    ・日本の寿司よりもシャリが多いので高カロリー
    ・イギリスの醤油は日本の醤油に比べると塩分が高い
    ・イギリス人が寿司を食べるときに使う醤油の量が多い

    また以下のことが指摘されており、
    イギリスで一般的になった寿司は、実はそれほど健康的ではないと指摘されています。
    ・米の糖分,糖分を含んだ酢のせいで、実は高カロリー
    ・魚には寄生虫が潜んでいたり、マグロは重金属や
    プラスティック粒子「マイクロビーズ」を含んでいる

    海外の反応をまとめました。


    【英では寿司が最も人気のある携帯食になったが・・・(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    3
    【AFP=時事】米ロサンゼルス(Los Angeles)市内にある評価の高いすし店26店を対象に行われた研究で、提供されていた魚の半数近くに不適切な魚種名が表示されていたとする調査結果が、11日付の国際学術誌「コンサベーション・バイオロジー(Conservation Biology)」で発表された。
     カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)とロヨラ・メリーマウント大学(Loyola Marymount University)の研究者らが2012年から2015年にかけて実施した調査は、口コミレビューサイト「イェルプ(Yelp)」やレストラン格付けガイド「ザガット(Zagat)」で高い評価を受けていた26店のすし店を対象に行われた。
     研究を率いたUCLAのポール・バーバー(Paul Barber)教授によると、「すし店で購入した魚の約半分は、自分たちが思っているものとは違った」という。以下略
    海外の反応をまとめました。

    【LA市内の寿司店で提供される寿司の半数が実際は違うネタ(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ