タグ:猫島

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    dg
    無人島を購入して猫の国を建国するというプロジェクトを保護猫カフェが立ち上げ、物議を醸している。 このプロジェクトは、保護猫カフェ「ネコリパブリック」がクラウドファンディング「きびだんご」で準備を進めているもの。生態系を乱すことなく、猫の安全を確保できる島を購入、そこに猫の楽園を“日本から独立した国”として建国する。猫のための住民票や健康保険、年金制度なども用意するという。元々、エイプリルフール用の企画だったため、具体的な内容や、購入する島などは未定だが、1万人以上に支持されれば、資金募集を開始するとしている。以下略( BIGLOBEニュース )
    海外の反応をまとめました。


    【 日本の無人島を購入して「猫の国」を建国する計画が物議を醸す(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    OneDrive
    100匹以上の猫が暮らす“猫の島”こと青島(愛媛県大洲市)に、保管場所がなくなるほどのキャットフードが届き、これ以上猫のエサを送らないようTwitterで呼びかけが行われている。青島への猫のエサの発送は、2月中旬にTwitterやブログに投稿された支援のお願いをきっかけに行われた。支援のお願いは拡散し、全国から23日にダン ボールで約70箱分のキャットフードが届き、25日には90箱を超えた。予想をはるかに上回る支援が届いたため、エサの保管庫には収まりきらなくなってし まったという。現在の量で4月末までの食事量を確保できているとのことだ。以下略(BIGLOBEニュース
    海外の反応をまとめました。

    【エサ不足で支援を訴えた日本の猫島にキャットフードが殺到(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ