987ssd
厚生労働省の「毎月勤労統計」の調査手法が誤っていた問題で、統計の平均給与額を基に算定される雇用保険の失業給付の過少給付が、誤調査が始まった2004年からの15年間で計数百億円に上ることが関係者への取材で分かった。政府は過少給付していた人に不足分を遡って支払う方針で、昨年12月に閣議決定した19年度予算案を修正する。以下略(読売新聞)
海外の反応をまとめました。


【(日本)雇用保険の過少支給537億円超、対象は1973万人(海外の反応)】の続きを読む