6月は「外国人労働者問題啓発月間」です

無題 毎年6月は、「外国人労働問題啓発月間」とされています。厚生労働省では、ポスター掲示やリーフレットの配布などによる啓蒙活動とともに、外国人を雇用する企業、特に技能実習生の受け入れをされている企業への指導を強化しています。また、入国管理局においても、「不法就労外国人対策キャンペーン月間」と銘打って、ポスター掲示やリーフレットの配布などを通して啓蒙活動に力を入れています。

 外国人を雇用されている企業におかれましては、特に、「在留期間が切れてしまっていた」「留学生アルバイトに週28時間を超えて働かせてしまった」「在留資格で認められている職種以外の仕事をさせてしまっていた」といった不法就労は、どの企業においても起きてしまう危険性があるものですので、このような点についてチェックがかけられる労務管理体制となっているか、再点検をされるとよいでしょう。(佐藤和之)

<参考リンク>
厚生労働省「6月は「外国人労働者問題啓発月間」です 今年の標語は「外国人雇用はルールを守って適正に~雇入れ・離職時の届出と適切な雇用管理は事業主の責務です!~」」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000126030.html
法務省入国管理局「不法就労外国人対策キャンペーン月間」の実施について
http://www.immi-moj.go.jp/news-list/2016campaign.html

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。

日本と中国の人材採用観

946454c7こんにちは。服部@名南経営です。
 人材確保を急ぐ企業が増えていますが、経営の観点を持たないケースが多いことに驚きます。
 「大変だから」「忙しいから」等といった理由で人材を採用しようかと安易に考えることが多いように感じますが、生産性のことはまったく度外視されているように感じます。

 他方で、中国では、「忙しいので誰か採用してくれないか」と従業員が管理者に話をすると「いいよ、でも、その分、君たちの給与が減らされるけど」と伝えると、徹底的に生産性を高めて「採用する必要はありませんが、自分たちは生産性を高めたので、その分、還元して下さい」ということが少なからずあるようです。こうした点は、日本よりも中国の方がしっかりとしていますね。

 ブラック企業を目指せというわけではありませんが、生産性をしっかりと意識することは、重要であり、大変であれば大変ではないようにすることが管理者の仕事ではないかと思います。

★服部英治ブログも是非ご覧ください★
 
http://blog.livedoor.jp/hattorieiji/

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。
livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

china20140828 無題 無題2
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ