opi こんにちは。名南経営です。
 このところ、北米を中心としたクライアント様から、オピオイドについての相談を何件か受けました。

 オピオイドとは、医療用の鎮痛剤ですが、ケシの実などを原料としていることから乱用性があり、北米では社会問題化しているといわれています。

 そのため、北米における赴任者管理の危機管理対策のひとつとしてオピオイド対策が浮上しているわけです。よって、企業としては、まずはこのオピオイドについて、様々なところから情報を収集するところから対策を講じる必要があります。